高まる需要

南京虫の増加によって駆除の需要が高まっている

現代で南京虫が増加するのは専門家でも驚くほどで、なぜなら既に1960年代には日本では殆ど見られなくなっていたのが南京虫だからです。それが2000年頃になって被害が出始め、害虫駆除会社が慌てて南京虫駆除の準備を整えたくらいです。 2000年代になっての増加の理由は、外国人旅行者の急増が原因と言われています。外国人のパック旅行者などが持ち込んだ南京虫が、泊まった宿に住み着いて被害を出すという例です。事実外国人旅行者向けの安宿などにおいて、南京虫駆除の事例が多く出ています。 このように南京虫は一度日本ではほとんど居なくなりましたが、現在はまた増加中であり、今後もしばらくは南京虫駆除の依頼が増えると言われています。

南京虫がよく生息する箇所に注意する

昨今その被害が問題になっている南京虫は、よく生息している箇所があります。そういった箇所で糞と思しき黒い点を見つけたり、南京虫の成虫と思われる物を見たら、すぐに早めに南京虫駆除ができる業者に相談をすることも重要です。 そのためにも生息しやすい箇所は特に注意深く見ておく必要があります。南京虫が生息しやすい箇所は、まず壁面や押入れの隅、ふすやなどの隅があります。住宅の隅の方に特に集まって集団を作っていることが多いので、成虫が混ざっている場合は比較的容易に見つけることができます。 また家具の裏にもよく住み着くことがあるので注意が必要がです。タンスの裏やテレビ台の裏も暖かいので、南京虫が生息しやすく、見つけた場合は南京虫駆除サービスの利用を検討した方が無難です。